本文へスキップ

TEL.080-9425-3939

クリニック案内大人の女性のカラダ・ココロ・お肌のおはなし

ホルモンバランスが乱れるとは

ホルモンバランスって何?」でもご紹介したように、女性ホルモンを促す仕事をしている身体の器官が脳の一部”視床下部”というところです。
視床下部は”自律神経”をコントロールする部分でもあります。

この視床下部が何らかの理由で指令がうまくいかなくなることでホルモンバランスも乱れるのです。

女性の不調Bloom garden

視床下部に影響を与える原因とは

・ストレス
 (不安、悩み、苦痛、怒り、恐怖など)
・過度な疲れ
・生活や食事のバランスの乱れ
・睡眠不足
・過激なダイエット
・冷え


など

また年齢が原因になることもありますが、それは別のお話しとして掲載いたします




ホルモンバランスが乱れると現れる不調

生理不順
生理周期には2つのホルモン「エストロゲン」と「黄体ホルモン」の分泌サイクルが影響します。
分泌が少なかったりバランスがとれていないと生理が来なかったり、遅れたりします。

生理痛
生理中に分泌されるホルモンの中に痛みや炎症を起こす作用のあるものがあり、そのホルモンが過剰に分泌されることで痛みがでるのです。

PMS(生理前症候群)
排卵後のホルモンバランスの変化の影響で起こる不調です。頭痛や肩腰の痛み、便秘や腹痛、イライラや気力が低下するなど心身に影響します。

不正出血
ホルモンバランスの乱れにより、子宮内膜がはがれてしまうことで出血が起こります。

不妊
黄体ホルモンの分泌が少ないと子宮内膜のコンディションを整える力が弱く着床しずらくなります。
※不妊の原因はこれに限らず多種多様です。

更年期症状
年齢とともにエストロゲンの分泌が少なくなることで起こります。

肌荒れ、ニキビ
女性ホルモンの分泌が弱いと男性ホルモン(女性も一定の量もっています)が優勢となり、皮脂が多く分泌されニキビの原因となったり肌トラブルが出やすくなります。

律神経の不調
女性ホルモンと自律神経は同じ”視床下部”が指令を担当しています。女性ホルモンバランスが乱れることで自律神経の調子も崩れることがあります。また反対に自律神経の乱れがホルモンバランスの乱れを誘発していることもあります。
自律神経は体の様々な機能を指令している神経ですから、出てくる不調もさまざまです。




コラム一覧に戻る


キャンペーンBloom garden


オンライン予約
Bloom gardenロゴタイトル
  
戸建て一軒家の自宅サロン〜ブルームガーデン

〒331-0815
埼玉県さいたま市北区大成町4-288-2
TEL 080-9425-3939
不定休 11:00〜21:00
    (21時施術終了時間)) 

友だち追加
サロン公式LINEアカウント
メルマガ配信しています

Bloom garden美容コラム

Bloom garden セラピストスクール