本文へスキップ

女性専用プライベートサロン

赤ちゃんの健康を決めるのは胎内環境女性リズムとは ~自律神経とホルモンの話~

妊娠中、こんなお悩みございませんか?

つわりがあった    体がだるい、疲れやすい
よく足がつる      肌が乾燥する、肌がかゆい
冷えが気になる     上半身がのぼせた感じ
肩こり腰が辛い    イライラしたり情緒不安定
不妊治療を受けた

当てはまる項目がある場合、血の質が低下している、巡りの低下が考えられます。
血の質が低下するとホルモンバランスも乱れやすくなるので、このような不調が頻繁に起こるようになっているのです。

産後の不安・望みはありませんか?

産後の精神不安定    産後の様々な不調
母乳で育てたいが出るか不安 乳腺炎
赤ちゃんの夜泣き        乳児肥満
乳児湿疹やアトピー    赤ちゃんのアレルギー
子供のかんしゃくもち   ぜんそくなど虚弱体質
なにより健康であってほしい

妊娠中の胎内環境によって生まれてくる赤ちゃんの健康も決まってきます。
それはイコールお母さんの健康状態でもあり、”赤ちゃんにとって必要なママの健康”は外見からはわかりにくいもの。
「私は大丈夫」は本当に大丈夫?


妊娠中授乳中はママの健康が重要なわけ

妊娠すると通常のときより血液量が1.5倍増えると言われています。
これは赤ちゃんに酸素と栄養をしっかり送り届けるためです。
でも、増えた血液量と酸素や栄養を運ぶ「血液中のヘモグロビンの量」が比例して増えるものでもなく、さらに最優先は赤ちゃんなので妊婦さんは貧血になりやすいのです。

血が足りなくてお母さんが不調になるだけでなく、赤ちゃんの成長にも影響する可能性も多々あります。
現代は
お母さんの体質を引き継いで「生まれたときから貧血の赤ちゃん」も多く、アトピー、乳児湿疹、アレルギーという症状で現れていきます。
すぐ風邪をひく、なかなか泣き止まない、泣き方が激しいなども根本には赤ちゃんの貧血が考えられますよ。




また、産後も母乳で育てる場合もお母さんは栄養不足に陥りやすくなります。
母乳は血液から作られます。
「授乳中はとにかくお腹がすく」と言いますが、当然のことですね!
数時間ごとに血液がなくなると考えたら、その分補給しないといけません。

そこで大切なのが「何を食べるか」ではないでしょうか。
甘いお菓子で良い母乳はできるでしょうか。

栄養が不足している血液で作られた母乳で、赤ちゃんのさらなる貧血が進む可能性も否定できませんよ。



そもそも日本女性には貧血・隠れ貧血が半数以上

日本女性の10人に1人は貧血で、さらに10人に1人は隠れ貧血です。
病院で「貧血です」と言われなくても「貧血じゃやない」と言われたとしても、身体の奥をきちんと調べたら血が足りていないという女性が多い国です。

先進国でも貧血対策が皆無でワースト1の日本。
各自で意識していくしか今のところ策はありません。


貧血の怖いところは、病気ではないため軽くとらえられがちで「貧血」と言われていても何もしないという人もいるくらい。
ですが、実は
すべての病の根本にはこの貧血が潜んでいるんです。
特に
女性に多い「婦人科系トラブル・疾患」は貧血が根源なんですよ


妊娠・出産で女性の健康美容が枝分かれする


産後に体調不良が増えた」「出産して一気に老けた気がする(育児疲れ?)」「体質・髪質・肌質が変わった」と体の内側外側どちらにも急変を感じる女性も多いです。 身の回りでもいませんか?

その一方でお子さんが何人もいるお母さんには見えないほど、元気で若々しくいつもイキイキしている女性もいらっしゃいます。そういう方っていくつになっても若いのですよね。

この違いはなんでしょうか。

これこそが「血の質が良いか否か」、貧血があるかないかなのです




貧血は健康美容の大敵です。

そして
女性が美しく、若々しくいられる最低条件は「健康」であること。
より美しさの質を高めたい、年齢を感じないイキイキとした自分でいるためには血の質を高め、体の中をエネルギーで満たしておく必要があります。

なぜなら、人間には優先順位があって「生きるのに絶対欠かせないこと」からエネルギーを使っていきます。
心臓を動かす、呼吸をする、骨や筋肉を作る、免疫細胞を作るなどなど。

お肌を作るとか、粘膜を作ることはひとまず最優先ではないためエネルギー(栄養)が足りなければ切り捨てていきます。

これが乾燥肌、敏感肌、老化肌となり、アレルギー反応も起こりやすくなるのですね。
髪の毛、爪なども同じで、最初にスルーされるところですから髪がパサパサ、爪が割れやすいなども栄養不足=貧血が考えられます。



赤ちゃんのその後の成長も考えた
”食事バランスアドバイス”


ちょっと怖い話しかもしれませんが、大切なので…

お子さんが社会人になるまでの食事はほぼ”家庭料理中心”の生活になります。
つまりは親の味覚・嗜好・習慣を引き継ぐ傾向にあります。

親が偏った食事、身体にあまりいい影響を与えないものばかりの食事・間食の場合、お子さんも”それが当たり前”になります。

成長し親元を離れてもその習慣が「当たり前」なため、さらに偏った食生活になる可能性が高いです。
”三つ子の魂百まで”

繰り返しになりますが、栄養が足りず、要らないものが蓄積された身体はどうなるか。
想像してみてください。


もちろん、ご自身で気づくことができれば習慣を変えることができ、体質も変えることは可能。
でも、自分で気づいたときには100%健康に戻ることができないかもしれない。

だからこそ、小さい頃に「ちゃんとした食事を、正しく食べる」ことを知ってほしいのです。
それは家族にしかできないこと。

その食事に関することも、体質ケアでお伝え(冊子お渡し)いたしますね。


胎内環境を整える体質ケアコース

健康な赤ちゃんを産むために、
元気に育ってほしいと願うママにできること

妊娠中の気になる状態

*つわりがある *疲れやすい *むくむ   
*肩や腰が辛くなる  *足がつる

これらは血液パワーが落ちていることで起こる、妊娠特有の状態です

妊娠初期(0~16週)向け 体質ケア
   サロン滞在時間75分 11,200円


*血の質を高めて巡り機能を強化するインナーケア(食事アドバイス、ミネラルカプセル)
*巡りを整える優しいトリートメント(仰向けのみ)

妊娠初期は胎児の成長が著しく体の各部位・機能が形成されていく重要な時期。しっかり胎内に酸素と栄養が届けられるよう、内側外側から整えバランス強化していきます。

ご自宅でも体質を変えていく食事アドバイスと1か月分のインナービューティのミネラルカプセルがついた”中からしっかり変えていく”特別コースです



安定期(16週~)向け 体質ケア
   サロン滞在時間115分 14,200円


*血の質を高めて巡り機能を強化するインナーケア(食事指導、ミネラルカプセル)
*巡りを整える温熱トリートメント(仰向け、横向き)

生まれてからの赤ちゃんの健康状態、精神状態は胎内環境に影響されます。
赤ちゃんが快適に過ごせて成長していけるよう、体内バランスを整えていきましょう。

ご自宅でも体質を変えていく食事アドバイスと1か月分のインナービューティのミネラルカプセルがついた”中からしっかり変えていく”特別コースです



予約


妊娠中、産後に大切なお話し

                     TOPページに戻る



お知らせ

●サロンお休みのお知らせ
2月は13日、26日をお休みします

●お知らせ
2月限定コースの詳細アップしました
ブログ記事へ

お知らせ
終了 3月12日開催のスクール、モデルさん募集しております「詳しくはこちら

●おすすめコラム
”男性にも知ってほしい” 女性はもっと自分の体を大切にしないといけない、その理由




Bloomgardenロゴデザイン
 ~戸建て一軒家の自宅サロン~

~戸建て一軒家の自宅サロン~
Bloomgardenさいたま 女性専用アロマサロン

〒331-0815
埼玉県さいたま市北区大成町4-288-2

TEL
 080-9425-3939 
(サロン専用番号)

Mail bloomgarden.aroma@gmail.com 
不定休 11:00~21:00
     (21時最終施術終了時間)


友だち追加
LINEで予約できます↑
ポイントカードあり、メルマガ配信しています。


24時間WEB予約できます





マホ版